スターウォーズの順番がエピソード4からなのかの理由は?時系列で歴代作品の解説!

洋画

スポンサードリンク



スターウォーズを見る順番ってむずかしいですよね。
「なんでエピソード4からなんだろう?」って思う方もいるかと思います。
そこで、その理由を、これから解説していきます。
また時系列で歴代作品を紹介します。
これを読んで、すっきりスターウォーズを観賞してくださいね!

スターウォーズの公開順は?

まずは、スターウォーズを公開順にご紹介します。

公開年タイトル監督
1977年スター・ウォーズ(エピソード4/新たなる希望)ジョージ・ルーカス
1980年スター・ウォーズ/帝国の逆襲(エピソード5)アーヴィン・カーシュナー
1983年スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(エピソード6/ジェダイの帰還)リチャード・マーカンド
1999年スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスジョージ・ルーカス
2002年スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
2005年スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
2015年スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)J・J・エイブラムス
2016年ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーギャレス・エドワーズ
2017年スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8)ライアン・ジョンソン
2018年ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーロン・ハワード
2019年スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9)J・J・エイブラムス

ところで、「なんでエピソード4からなの?」と思った方もいらっしゃるかと思います。
実は、かなり単純な理由なんです。
それでは、わかりやすく解説していきましょう。

スポンサードリンク


スターウォーズの順番はなぜエピソード4からなのかの理由は?

スターウォーズの順番がエピソード4からなのかの理由をお伝えしますね。
先に結論から言うと

確実にヒットしそうな場面から、作り始めた結果です。

もともとジョージ・ルーカスは、三部作×3の超長編で構想を練っていました。
しかしそれを実現するためには、1作目は必ずヒットさせなければなりませんね。
そこで反乱軍VS帝国軍と対立構造もシンプルで、エンタメ性も強い三部作の第二部から作り始めました。

結果はご存知の通り大ヒット。
まず「旧三部作」が完結します。

それから15年以上の月日が経ちます。
遂に監督の想像力に、CG技術が追いつきます!

再びメガホンを握った監督は、スターウォーズ「新三部作」の制作に取り掛かります。
内容は、人気者ダースベイダーの過去です。
つまり「旧三部作」より、時代をさかのぼった話になります。

そこでナンバリングで「旧三部作」を4~6、「新三部作」を1~3と表したのです。

もしかしたらあなたは「スターウォーズって公開順に見たほうがいいの?それとも時系列で見たほうがいいの?」
って疑問に思っているかもしれませんね。

その点を解説しますね。

スポンサードリンク


スターウォーズは公開順にみるべき?時系列順にみるべき?

スターウォーズは公開順にみるべきか、時系列順にみるべきか
ですが、私は公開順から見たほうがいいと思います。

理由は2つです。

1つ目は、主人公ルーク・スカイウォーカーの人生の足跡として、スターウォーズを見ることができるからです。
何も知らず、ただの田舎者だったルーク。
周りの者にひたすら教えを請い、背中を押されてジェダイの騎士へと成長していきます。
そして自分の過酷な運命を知り、乗り越えます。

「続三部作」と呼ばれるエピソード7~9では、ルークの結末が描かれます。
次世代を担う若者を、今度は教え導く存在となります。
ルークの視線で物語を追ってきたからこそ、その終わりを感慨深く見届けられるのです。

2つ目は、単純に映画的な見やすさです。
「旧三部作(エピソード4~6)」から「新三部作(エピソード1~3)」まで15年。
「新三部作(エピソード1~3)」から「続三部作(エピソード7~9)」まで10年。
かなりのスパンがあったことがわかりますね。

その10年以上の間に、映像・アクションは劇的に進歩していきます。
ストーリーには定評のある「旧三部作」ですが、CGの粗さはファンにも否定できません。

時系列で追っていくと、新旧の映像が入り混じることになります。
見づらいと感じる方もいるかもしれませんね。

ただし、時系列で見ると「ダースベイダーの物語」として見ることができると言われています。
ダースベイダーが好きという方には、オススメできる見方です。

ここで、スターウォーズの歴代作品を時系列の順番で解説していきますね。

スポンサードリンク


スターウォーズの歴代作品を時系列の順番で解説!

こちらがスターウォーズの歴代作品の時系列の順番での解説となります。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年)

オビ=ワン・ケノービは銀河を守るジェダイです。
師匠と共に任務を命じられ、パドメ・アミダラ女王を救出しました。

しかし途中で宇宙船が故障し、やむなく砂漠の星へ不時着します。
そこで奴隷として働く、アナキン・スカイウォーカーと出会います。
彼がのちにダースベイダーになることなど、オビ=ワン達は知る由もありません。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年)

アナキンはオビ=ワンに師事し、立派な青年へと成長しました。
そしてパドメ護衛の任務を命じられます。
再会したアナキンとパドメは、瞬く間に恋に落ちていきます。

一方オビ=ワンは宇宙の均衡を揺るがすような、不穏な気配を感じていました。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年)

ジェダイと対をなす、邪悪な軍団シス。
長く激しい戦争が起きていました。

アナキンは秘密裏に、パドメと結婚していました。
ある朝、アナキンはパドメが死ぬ夢を見ます。
ジェダイの夢は、予知である可能性が高いです。
しかしジェダイは結婚禁止です。相談できる者もいません。

パドメを失う恐怖に、アナキンはだんだん浸食されていきます。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年)

ルークの親友、ハン・ソロの若い頃のお話です。

ハン・ソロは、パイロットになるために帝国軍に所属します。
しかし数年後、不服従で軍を追放されてしまいます。

とある目的から、銀河最速の「ミレニアムファルコン号」が必要となりました。
そして後にお馴染みとなる仲間達と、次々とろくでもない出会い方をしていくのでした。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年)

エピソード4が開幕する、直前までを描いたストーリーです。

帝国軍は、惑星1つ吹き飛ばしてしまう巨大兵器「デス・スター」を建設していました。

ジン・アーソは、デス・スター建設に関わる科学者の娘です。
幼い頃に家族と引き離され、孤独を抱えて生きていました。

実はジンの父親は、デス・スターに致命的な弱点を作っていました。
それが記された設計図を手に入れるために、ジンは無法者たちと手を組みます。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年)

辺境の星に生まれたルーク・スカイウォーカー。
彼の前に、無人の宇宙船が不時着します。
宇宙船にはメッセージが残されています。
「助けてオビ=ワン・ケノービ。あなただけが頼りです」

ルークはオビ=ワンを訪ねます。
そして父親がジェダイであったこと。
ダースベイダーに殺されたことを聞かされます。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年)

皇帝とダースベイダーの支配する「帝国軍」。
それに対抗する「反乱軍」で、ルークはエースになっていました。

ルークはジェダイとして更に学ぶため、湿地の惑星へと飛びます。
そこで偏屈な宇宙人と出会います。
そしてその宇宙人こそ、ジェダイマスターのヨーダでした。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年)

帝国軍が、2つ目のデス・スターをつくり始めました。
反乱軍はそれを阻止するために、総力戦を開始します。

一方ルークは、ダースベイダーの気配を感じます。
ダースベイダーが自分の父親であることを知ったルーク。
単身で敵艦に乗りこみ、説得を試みます。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年)

砂漠の星で、レイは孤独に暮らしていました。
レイはある日、フィンとロボットのBB8に出会います。

BB8はルークの手掛かりを持っていたため。
そしてフィンは、帝国軍の残党組織「ファーストオーダー」の脱走兵であったため。
共に追われる身でした。

何かに導かれるように、レイの冒険が始まります。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年)

フォースに覚醒したレイは、教えを受けるためにルークを訪ねます。
しかしルークは弟子を裏切ってしまった負い目から、1人孤島に閉じこもっていました。

一方フィン達は、ファーストオーダーに抵抗する「レジスタンス」として活動していました。
ファーストオーダーは総力戦を仕掛け、まさにレジスタンスは壊滅寸前でした。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)

ファーストオーダーが、巨大な戦力を手中に収めようとしています。

それを阻止する鍵は、通常ではたどり着けない、邪悪な惑星にあるようです。
ルークが残してくれた手掛かりを元に、レイ達は惑星を探す冒険に出ます。

しかしレイは、自分の持つ力に疑いを抱くようになっていました。

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」最後の予告篇 世界同時解禁

それでは最後に、スターウォーズの順番についてまとめてみましょう!

スターウォーズの順番まとめ

スターウォーズの順番をまとめてみました。いかがだったでしょうか?

スターウォーズが新規お断りと言われる理由。
それは順番の難しさ、「旧三部作」の古さ、外伝の多さと言われています。

しかし王道ストーリーの基礎となった作品です。
見る価値はあると思います。

ただ、どうしても難しいと感じてしまう方は……
思い切って、公開中の最新作から入ってしまうのも1つの手です。

名作というのは、どのように見ても楽しめるものです!

画像出典スター・ウォーズ:https://starwars.disney.co.jp/

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました