ジョーカー(映画)のフル動画をスマホで無料視聴する方法は?ラストのネタバレ考察と感想は?

ジョーカー映画動画洋画

映画『ジョーカー』のフル動画をスマホで無料視聴する方法があるか確認してまいります。

↓今すぐ映画『ジョーカー』動画を無料視聴したい方はこちらをクリック↓

U-NEXT

映画『ジョーカー』の動画を無料視聴する唯一の方法とは?

先に結論をお伝えしますね。

映画『ジョーカー』のフル動画を今すぐ視聴するには、U-NEXTを利用するのが最もオススメな方法となります。

U-NEXT:https://video.unext.jp/

詳細はこちらで紹介しますね。

映画『ジョーカー』の動画配信状況

こちらが、2020年2月現在、国内の主要VOD(動画配信サービス)の配信状況です。

「どれがいいの?」
と悩んでいるなら・・・

・無料トライアル期間が長い
・見放題作品が14万本以上ある
・雑誌も70誌以上読み放題
・無料トライアル後、600ポイントもらえる
・毎月1,200ポイントがもらえる
・ポイントを使えば最新映画も無料で観れる
・登録、解約が簡単

以上7つの理由により、私はU-NEXTをオススメいたします、強く!

U-NEXT公式サイトはこちら!!!

映画『ジョーカー』の動画を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT

映画『ジョーカー』の動画を無料視聴する方法としてU-NEXTをオススメする理由は、映画『ジョーカー』を完全無料で見れるのはU-NEXTだけだからです。
ジョーカー映画動画

U-NEXT:31日間無料期間あり。「ジョーカー」はポイント制(無料登録時の600ポイントで無料視聴可)
dTV:無料期間31日間あり。「ジョーカー」は課金(400円)
TSUTAYA DISCAS:30日間無料期間があるが、「ジョーカー」は課金(220円)

U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されています。この期間に解約すれば料金は一切かかりません。

また、U-NEXTは、無料登録時に600ポイントをもらえます。

U-NEXTの作品は

見放題作品

ポイントレンタル作品

の2種類あります。

映画『ジョーカー』は、ポイントレンタル作品です。

ということは、U-NEXTに無料登録しただけでは視聴できません。

「無料じゃないの?」
と思われたかもしれませんが、U-NEXTは今なら無料登録時に600ポイントもらえます。

このポイントを使えば、無料で視聴できます。

さらに今なら特典で無料トライアル終了後に1200ポイントを付与してくれます。

U-NEXTは『ジョーカー』だけでなく、アニメ、映画、国内ドラマ、韓流ドラマ、さらには漫画や雑誌も観ることができます。
U-NEXT動画

U-NEXTに登録し1ヶ月無料体験してみて、
「お金払ってまでも観る価値ないな」
とか
「『ジョーカー』以外観るものないな」
とか
「どうも使いづらいな」
とか感じられた場合は、解約すればいいのでは。。。
と思います。

ただ、お金をかけずに『ジョーカー』の動画を見せてくれたU-NEXTに感謝をして継続契約することをオススメいたします。

映画、ドラマ好きな私からすれば、ありがとう!U-NEXTさんって感じで、結局3年以上もずっとU-NEXTを見続けていますよ。

ですが、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約で良いと思いますよ。

もちろん無料トライアル期間に解約すれば、月額使用料はかかりません。
その点はご安心くださいね。

「解約がしづらいんじゃないの?」
なんて気になっている方もいるかと思いますが、非常に簡単に解約できますので、詳しくはこちらをご覧ください。
U-NEXTってなに?って方も読んでくださいね。

U-NEXTに登録できない理由と対処方法は?クレジットカードがなくても登録する方法と解約方法は?
「なんでU-NEXTに登録できないの?」また「クレジットカードがなくても登録できる方法はないの?」ということで気そこで、U-NEXTに登録できない理由を確認してみました。U-NEXTの登録と解約方法も紹介します。

もちろん、スマホ(iPhoneやAndroid)でも視聴できますので、電車のなかだったり、車の中だったり、お風呂の中だったり、で映画『ジョーカー』を観れます。

なお、本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTは今なら31日間無料キャンペーン中です。

なので、とにかくこの機会に無料登録しておくことをオススメいたします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

映画『ジョーカー』の作品情報

映画『ジョーカー』の作品情報はこちらです。

作品名ジョーカー
製作国アメリカ
公開日2019年10月4日
監督・製作・共同脚本トッド・フィリップス
時間122分
映画『ジョーカー』本予告【HD】2019年10月4日(金)公開
U-NEXT:https://video.unext.jp/

 

映画『ジョーカー』のキャストは

映画『ジョーカー』の主要キャストをご紹介します。

こちらが2019年公開の映画『ジョーカー』のキャスト一覧です。

・ホアキンフェニックス(アーサー/ジョーカー)

主人公アーサー役。

her/世界でひとつの彼女」での主演やグラディエーターの出演などで数々の賞を受賞している。

・ロバートデニーロ(マレーフランクリン)

映画内での人気番組マレーフランクリンショーの司会者役。

いわずもがな数々の名作に出演している彼は、本作でも圧倒的な存在感で映画を彩っている。

・ブレットカレン(トーマスウェイン)

経営者でありながら、市長選にも出馬する。

テレビニュースでのコメントが物議を呼び市の暴動のきっかけとなる。

ブレットカレンはバットマン作品であるダークナイトライジングにも出演している。

・フランセスコンロイ(ペニーフレック)

アーサーの母親で介護生活を送っている。過去にトーマスウェインのお屋敷で働いていたことがあり、ウェインに助けを求める手紙をいつも送っている。

フランセスコンロイは、ドラマ「シックスフィートアンダー」でゴールデングローブ賞のテレビドラマ部門にて主演女優賞を受賞した経歴を持っている。

・ザジービーツ(ソフィー)

アーサーと同じアパートに住むシングルマザー。

ザジービーツは「デットプール2」やドラマ「アトランタ」などで注目を浴びている若手女優。

映画『ジョーカー』のネタバレ(あらすじ)は?

映画『ジョーカー』のネタバレ(あらすじ)はこちらです。

主人公のアーサーはコメディアンを夢見ながら、大道芸の派遣会社でピエロとして働いている男。彼には脳の損傷があり、突然笑い出してしまい、自分でもそれを制御出来なくなるという症状を持っている。母親がいつも手紙を送り返事を心待ちにしているトーマスウェインという人物の話をして、大好きなマレーフランクリンショーという番組を見るのが日課だった。コメディアンを目指すアーサーにとって、司会のマレーは憧れ的存在。いつも彼との共演を夢見ている。

そんなアーサーは不良に暴行を受けてしまう。そのことを同僚に話したら、自分の身を守れと銃を渡される。

その銃が悲劇を生んでしまう。

大道芸の仕事で小児病院にて子ども達を相手にピエロの格好でパフォーマンスをしていたアーサーだったが、うっかりと銃を落としてしまうのだ。すぐに上司に責められ、同僚による銃についての裏切りの告げ口もあり、アーサーはクビになり職を失う。

絶望に打ちひしがれピエロの格好のまま電車に乗っていると、女性に絡んでいる3人の酔っ払った会社員を見かける。その場でアーサーは笑い出してしまい、3人の酔っ払いはピエロの格好をしたアーサーに標的を変える。いつまでも笑っているアーサーに腹が立ち暴行を加え出す男たち。自分の身を守るためアーサーはとっさに3人の会社員の男達を銃で射殺してしまう。

我に返ったアーサーは、事の重大さに気づき慌ててその場から逃げ去る。公衆トイレに駆け込み気持ちを落ち着かせると、彼は自分の中の何かが解放されたのを感じた。

 
 

次の日の朝、母親とテレビのニュースを見ていると地下鉄の殺人事件について報道がされていた。そこには母親が手紙を送っているトーマスウェインが出演しコメントをしていた。

ウェインは会社を経営しながら市長選に立候補している社長で、実は殺された3人の会社員はウェインの会社のエリート会社員だった。

「今回の事件は富裕層を狙った貧困層からの反発のメッセージではないか」と記者に問われると、
「彼らは自分より恵まれた人たちを妬んでいる。」
「彼らが改心しない限り、我々が築いたこの社会で、彼らのような落伍者はただのピエロだ」とウェインは言い放つ。
後日、自信を身につけ始めたアーサーはコメディアンショーに出演する。

隣人のソフィーも見に来たライブは無事成功。2人はライブ後にデートをし楽しい時間を過ごす。帰宅後に母親を寝かしつける最中、いつものようにウェインへの手紙の投函を頼まれる。

ふと手紙の内容が気になり、母親の手紙を見たところアーサーは驚きの事実を知る。そこには、アーサーはウェインの息子であり、母親を問いただすと家柄の理由から母親とウェインは離ればなれになったとのこと。

アーサーは真相を知るためウェインの家を訪ねるが、使用人によって追い返されてしまう。仕方なく自宅に帰ると母親が救急車に運ばれる最中でしかも警察まで来ている。

アーサーが留守の間、警察が自宅を訪ね事情聴取をしている最中に母親が脳卒中で倒れたとのこと。警察は、地下鉄の殺人事件の犯人がピエロ姿であり、大道芸の派遣会社で働いていたアーサーが銃を保持していた情報を掴んだため、彼に会いに来ていたという。保持していた銃は小道具だと言ってその場をやり過ごし、病室にてソフィーと共に倒れた母親を見守るアーサー。

付けていたテレビではちょうどマレーフランクリンショーが放送していた。
すると突然、マレーが「今はだれでもコメディアンになれる時代が来た」と言い、あるコメディクラブでのライブ映像を流す。

そこにはなんと、アーサーのライブ時の映像が流れたのである。テレビの前で喜びを隠せずはしゃぐアーサーだったが、マレーは否定的なコメントをし彼をバカにした。
立て続けに起こる不条理な出来事に絶望するアーサー。

しかし、街ではウェインの発言に怒りを募らせた貧困層達が、地下鉄殺人事件の犯人を支持し、ピエロの仮面やメイクをしてデモや暴動が盛んに行なわれるようになっていることを知る。

自分には影響力がある事が分かり自信を取り戻したアーサーは、ウェインが主催する慈善イベントに行きウェインに会うことを決意する。

デモの流れに紛れ込みながら、うまくイベントに忍び込んだアーサーは、ついにウェインと直接話すことに成功する。しかしウェインは全てはアーサーの母親のイかれた妄想で、アーサーはただの養子だと言う。

彼の言葉が信じられず、アーサーは「なぜみんな僕を邪険にする?僕が欲しいのは温もりとハグだよ パパ」と叫んだが、持病の笑いが止まらなくなり、しまいにはウェインに殴られてしまう。

ひどく落ち込んだ状態で家に閉じこもっていたアーサーだったが、マレーフランクリンショーの放送担当からアーサーのライブ映像に反響があったため、マレー本人からゲストに指名したいと連絡が入り出演を承諾する。
 
 
次の日アーサーは母親の真実を探るため、母親が入院していたといわれる精神病院を訪ねる。当時の診断書を職員から無理矢理奪い取り中身を確認すると、母親は妄想精神病という病気で、そこには自分が養子であることも記されていた。

再び絶望に落とされたアーサーは、雨でずぶ濡れの体で思いを寄せる同じアパートの住人ソフィーの家に勝手に入る。驚いたソフィーは、「あなた確か、アーサーだったわよね。部屋を間違えてるわよ」と言った。そう、今までソフィーと共にしていた時間というのは、全てアーサーの妄想の中の世界だった。

絶望に落ち切ったアーサーは、自分の宿命を悟りついに悪に目覚める。

「人生は悲劇だと思っていた。」
「だが今わかった。 僕の人生は喜劇だ。」

そう言いながらアーサーは病室の母親の顔を枕で押しつぶし窒息死させた。
 
 
番組出演の当日の朝、髪を緑に染めピエロのメイクをしていると、当時大道芸の派遣会社で働いていた同僚2人がアーサーの家を訪ねる。会社にも警察が訪ねていたため、口裏を合わせようと同僚が提案すると、アーサーは隠し持っていたハサミで同僚の1人を刺殺す。もう1人は職場で唯一アーサーに優しくしてくれていたため、見逃すことにした。

「ジョーカー」として悪に目覚めたアーサーは、ピエロのメイクで優雅に踊りながら番組の放送局へ向かう。

道中にアーサーを張っていた警官2人に追いかけられるが、街で行われていた貧困層のデモによる騒動に警官達が巻き込まれたため、うまく逃げ切る事に成功する。無事に放送局に着き、控室にてマレーと打ち合わせをした際に、アーサーは自分を「ジョーカー」と紹介してくれと頼む。

ジョーカーとして登場し番組が楽しく進む中、突然アーサーは地下鉄事件の犯人が自分だと言う。

笑えない冗談だったが、アーサーが本当に犯人だと語ったのでマレーはどう信じろと詳細を聞き、以下のように2人の会話が続く。

アーサー:「僕には失うものがない」「傷つける者もいない」「僕の人生は まさに喜劇だ」
マレー:「人殺しが笑えることか?」
アーサー:「そうさ。自分を偽るのは疲れた」「喜劇なんて主観さ」「この社会だってそうだ。善悪を主観で決めてる。」
マレー:「番組に出たのはムーヴメントのシンボルになるためか?」
アーサー:「奴らが最低だったから殺しただけだ。どいつもこいつも最低で狂いたくもなるさ」
マレー:「君は狂ってるから人を殺していいのか?」
アーサー:「なぜ彼らに同情する?」「僕が歩道で死んでも踏みつけるだろ。誰も僕に気づかない。だが、あの3人はウェインが悲しんでくれた」「誰もが大声で罵り合っている」「礼儀も何もない、誰も他人のことを気にかけない」「ウェインみたいな奴らが僕の気持ちを考えるか?他人の気持ちなど考えない」「彼らはこう思うだけさ。黙っていい子にしてろ」
マレー:「終わったか?自分を憐んで殺人の言い訳を並べてるだけだ」「みんなが最低ってわけじゃない」
アーサー:「あんたは最低だ、僕の映像を流してこの番組に呼んだ、笑いものにするために。あんたも奴らと同じだ」
マレー:「私を知らないくせに」「君が引き金になって暴動が起きた。重傷の警官たちを君は笑った」「君のせいで今日も殺人が起きてる」
アーサー:「そうだね 笑い話を」
マレー:「聞きたくない」
アーサー:「心を病んだ孤独な男を欺くとどうなるか。社会に見捨てられゴミみたいに扱われた男だ!」「報いを受けろ クソ野郎!」

次の瞬間、アーサーが銃でマレーの頭を撃ち抜いた。外ではピエロ達による暴動が激化し、街は混沌としていた。逮捕されパトカーで送検される最中、街の暴動の様子を美しいと笑顔で笑いながら眺めるアーサー。するとパトカーは暴動に巻き込まれ、ピエロ達がアーサーを担ぎ彼をパトカーの上に乗せる。たくさんのピエロ達に崇められ、アーサーは悪のカリスマとして優雅に踊りはじめる。

一方、ウェインは妻と息子と街の暴動から逃げようとするが、ピエロの1人によってウェインと妻は射殺されてしまう。
 
 
最後はアーサーが精神病院でとカウンセリングを受けているシーンに移る。いつまでも笑っているアーサーに、カウンセラーは何がおかしいの?と聞く。ジョークを思いついたと言い、カウンセラーが聞かせてと言うが、理解できないさと返すアーサー。

おもむろに彼はフランクシナトラの曲、That’s lifeの歌詞を口ずさむ。「これが人生 冗談みたいだけど 夢を踏みつけて小躍りする人もいる だけどくじけたりしない この古き良き世界は」

そしてアーサーが血に染まった足跡を残しながら、優雅に踊り精神病院の廊下を歩くシーンで幕を閉じる。

映画『ジョーカー』特報【HD】2019年10月4日(金)公開

映画『ジョーカー』のラスト結末の解説と考察は?

映画『ジョーカー』のラスト結末の解説と考察をしてみたいと思います。

ラストまで見ると、どこまでが妄想でどこまでが真実なのか、分からなくなります。

私は、カウンセリングを受けているシーンは時系列的にかなり前で、社会復帰して大道芸の派遣会社で働くよりも前の回想だと思います。
ただ最後の精神病院の廊下を歩くシーンは、彼が物語の一連の出来事によりジョーカーになった後だと解釈しました。

まずカウンセリングを受けている時、アーサーはジョークを思いついたと言っています。
今までの物語が妄想だったと思わせるようなセリフですが、私はただコメディアンとしてのネタを思いついただけだと思います。

マレーの番組で、ネタを聞かせてくれと言われ、「ノックノック 警察です。息子さんが酔っ払いに轢き殺されました」というネタをアーサーは言っています。
こういった犯罪を匂わせる思考が垣間見れた事や過去の経験や脳の損傷による持病などもあり、他者に危害を加えるかもしれないとして精神病院に入れられていたのだと思います。

そしてなんとか社会復帰をしたが、社会にゴミ同然のように虐げられる。
抗うように自分の中の闇を解放し悪に目覚め、今度はジョーカーとして精神病院に入れられたのだと思います。

最後の精神病院の廊下を歩くシーンでは足跡が血に染まっており、またジョーカーに目覚めた象徴として何度も目にしている優雅に踊る姿も映されている事から、明らかにジョーカーになった後の出来事だと考えられます。
 
 
後にバットマンとなるブルースの両親が貧困層のピエロによって殺されるシーンがありますが、社会の闇によって悪のカリスマであるジョーカーが誕生したと同時に、正義のヒーローであるバットマンが誕生したというのが皮肉でもあり、人間の思考や感情は表裏一体で、善にも悪にもなりうると考えさせれました。

人間としての善悪とは何かと啓発し、また作品に対する自分なりの解釈を考えることが楽しめる映画ですので、単なるアメコミ作品と思わず、ぜひ一度観てみることをお勧めします。

映画『ジョーカー』の感想は?

恥ずかしながら、私はアメコミ(アメリカンコミック)に疎かったので、本作品がバットマンに出てくるジョーカーについての映画だという事を知らないで観ていました。

しかし、全くバットマン作品について知らない私でも、目が離せないほど映画に引きこまれ夢中になりました。

これは近年の名作と言っていいほどの作品だと思います。

私は、前半部分では主人公のアーサーに同情し感情移入してしまい、後半のジョーカーになった後は、いけないと分かっていても彼のカリスマ性をカッコいいと思ってしまいました。

また、個人的に建物や風景がとてもアートで映像も綺麗な印象を受けました。

こういった部分も映画に引き込ませる魅力を作り出していたのではないかと感じます。

ところで映画『ジョーカー』には名言があることをご存知でしょうか?

映画『ジョーカー』(2019年公開)の名言とは?

映画『ジョーカー』の名言とは一体どんなのがあるのでしょうか?

「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む。」

アーサーのネタ帳に書かれていた言葉。意義のある(make sense)と金儲け(make cents)を掛けたジョーク。

「狂ってるのは俺か?世間か?」

福祉センターでの面談で相談員に対して言った言葉。社会で虐げられる生活に悲痛してるのがわかる。

「何がハッピーだ 幸せなど1度もなかった」

母親からハッピーと呼ばれるアーサーは、今までの人生にそのような瞬間は無かったと語る。

「人生は悲劇だと思っていた だが今わかった、僕の人生は喜劇だ。」

このセリフの直後に母親を殺すアーサー。派手なシーンではありませんが、自己を解放し完全にジョーカーになった瞬間だと考えられます。

「喜劇なんて主観さ この社会だってそうだ。善悪を主観で決めている。」

マレーの番組でアーサーが言った言葉。犯罪者の言葉だが、結局はすべて主観が決めているという世の中の真理を突いているような発言に思わず聞き入ってしまいます。

映画『ジョーカー』の動画を無料視聴する方法まとめ

映画『ジョーカー』の動画を無料視聴する方法をご紹介しました。

「ジョーカーを見てみたい!」
という場合は、U-NEXTで無料登録することをオススメいたします。

U-NEXT:https://video.unext.jp/

最後まで読んでいただきまして有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました