ゴブリンスレイヤー(映画ゴブスレ)の声優一覧は?あらすじ(ネタバレ)と感想は?

アニメ

スポンサードリンク



「ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN」は2020年2月より公開されているアニメ映画です。
テレビアニメ「ゴブリンスレイヤー」の続編となります。

アニメを知らないけれど、見ても大丈夫?
そんな方のために、声優一覧あらすじ(ネタバレ)

感想

を用意しました。
これを読んで、一緒にゴブスレを応援しましょう!

スポンサードリンク


映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優一覧は?

それでは映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優一覧をご紹介します。

映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優 梅原裕一郎(ゴブリンスレイヤー)

「ヤング・ブラックジャック」でデビューし、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」など代表作多数の注目の若手声優です。
低音ボイスが女性に大人気で、ファンからは「梅ちゃん」などと呼ばれています。

映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優 小倉唯(女神官)

「神様のメモ帳」や「HUGっと!プリキュア」など多数に出演する、大人気声優です。
子役上がりなので演技力には定評があり、歌手としても活躍しています。

映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優 東山奈央(妖精弓手)

「ニセコイ」「ゆるキャン△」など主演、ヒロインの経験も豊富な大人気声優です。
出演作品が話題作になることも多く「ヒット請負人」と呼ばれることもあります。

映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優 井口裕香(牛飼娘)

「とある魔術の禁書目録」や「戦姫絶唱シンフォギア」など、人気シリーズも多いベテラン声優です。
甘く舌足らずな声は、声優界においても唯一無二でしょう。

映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の声優 上坂すみれ(令嬢剣士)

「艦隊これくしょん -艦これ-」や「スター☆トゥインクルプリキュア」などに出演する大人気声優です。
演技力が高く、声の使い分けには定評があります。ファンからは「すみぺ」と呼ばれています。

その他の声優さんはこちらになります。

内田真礼(受付嬢)
中村悠一(鉱人道士)
杉田智和(蜥蜴僧侶)
日笠陽子(魔女)
松岡禎丞(槍使い)

スポンサードリンク


映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』あらすじ(ネタバレ)は?

こちらが映画『ゴブリンスレイヤー』のあらすじ(ネタバレ)となります。

ゴブリンスレイヤーは、ゴブリン退治のみを請け負う、変わり者の冒険者です。

ある日ゴブリンスレイヤーの元へ、剣の乙女より相談が届きます。
さる貴族の令嬢がゴブリンの討伐へ向かったが、帰ってこないと。
剣の乙女は、ゴブリンスレイヤーに救われた過去がありました。
それ以来、ゴブリンスレイヤーのことをとても信頼しているのです。

ゴブリンスレイヤー、女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶からなるいつもの五人組パーティは、令嬢剣士を探す旅へ出ます。
令嬢剣士が向かったゴブリンの巣窟は、雪山にあります。
ふもとの村は、まさにゴブリンの襲撃を受けていました。

ゴブリンを退けた一行でしたが、妖精弓手がケガを負ってしまいます。
ゴブリンらしくない襲撃方法や、妖精弓手の受けた傷から、ゴブリンスレイヤーは察します。

ゴブリンを指揮する者がいると。

一行は、村を襲ったゴブリンの巣穴に速攻戦を挑みます。
そこでは令嬢剣士が捕らえられていました。
生贄にされそうになっていたところを、からくも救出します。

令嬢剣士は身も心もズタズタでした。
辱められ、仲間を皆殺しにされ、大切な家宝の宝剣まで奪われていたのです。
ゴブリンへの復讐心に燃える令嬢剣士は、ゴブリンスレイヤーに討伐への同伴を申し出ます。

そんな令嬢剣士に、ゴブリンスレイヤーは必ず宝剣を奪い返すことを誓いました。

そしてゴブリンたちが巣食う雪山の砦へ、潜入作戦が決行されます。
砦には小鬼聖騎士(ゴブリンパラディン)がいました。
ゴブリンたちを指揮し、令嬢剣士の宝剣を奪った者の正体です。

潜入作戦は順調でしたが、憎悪に駆られた令嬢剣士が、ゴブリンを殺してしまいます。
たちまち戦場は大混乱に。
ゴブリンスレイヤーは小鬼聖騎士と一騎打ちになり、大量のゴブリンがふもとの村へ襲い掛かります。

ゴブリンスレイヤーは村を守ることができるのか
そして令嬢剣士の誇りを取り戻すことができるのでしょうか。

続いては、ネタバレ込みで感想を紹介します!

スポンサードリンク


映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』の感想は?

それでは、映画『ゴブリンスレイヤー』の感想をご覧ください。

ゴブリンといえば、冒険譚においては弱小な敵として描かれるのが定番です。
それは「ゴブリンスレイヤー」の世界でも同じことです。
ただ、この世界は運に大きく左右されるという特性があります。
力も弱く、頭も悪いゴブリンですが、一歩間違えただけで人間のパーティなど簡単に壊滅させられてしまうのです。

ゴブリンは醜悪で、危険なモンスターです
アニメでもそのように描かれていましたが、映画になると大画面で迫ってきます。

怖いし、気持ち悪いです。

しかしそれは、ゴブリンに襲われた乙女たちの視点でもあります。
今回また、ゴブスレのハーレムに可愛らしいキャラが加わりました。
しかしここで助けてもらえたら確かに惚れるよな……と説得力がありましたね。

そしてアニメ放送が2018年なので、少し時間が空いてしまいました。
しかしキャラクター達がそのままで、安心したファンも多いのではないでしょうか。
逞しく成長し、安心して背中を預けられるパートナーとなった、女神官。
普段は軽口ばかりでも、いざというときは連携バッチリの、心強いパーティメンバー達。
そして剣の乙女も、相変わらずゴブスレにメロメロでしたね。


https://twitter.com/t1112yusuke/status/1224189039751753729?s=21

最後に、ゴブスレ映画についてまとめてみましょう。

映画『ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN』まとめ

「ゴブリンスレイヤーGOBLIN’S CROWN」は60分の短い映画です。
もっと見たかった……そんなファンの声もありました。

ゴブスレといえば、エログロなイメージが先行しがちです。
しかしキャラクターや世界観に魅力を感じ「もっと見たい」と願ったファンが多いからこそ、映画化にまで至ったのです。

神の気まぐれで全滅してしまうような、残酷な世界。
しかしそこに生きる冒険者は、みんな気が良く、優しい連中ばかりなのです。

原作はまだ続いています。
いつの日か、またアニメや映画で、動くキャラクター達を見ることができる日を心待ちにしています。

画像出典TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト:http://www.goblinslayer.jp/

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました