名探偵コナンの映画を見るのにおすすめの順番と興行収入ランキングを一挙ご紹介!

コナン映画順番アニメ

スポンサードリンク



毎年4月に公開される劇場版名探偵コナン。
2019年に公開された第23弾は劇場版コナン初の海外が舞台となった『紺青の拳(フィスト)』でした。
そして2020年公開予定の第24弾は『緋色の弾丸』。
コナンを小さくした黒の組織に潜入していたFBIの赤井秀一(あかいしゅういち)とその家族に焦点を当てたストーリーで、組織に近づくカギになるのでは?と注目を集めています。
これを機にコナンの映画を見たいという人やしばらくコナンから離れていたけどまた映画を見たいという人もいるでしょう。
しかし23作もあると何から見たらよいか迷ってしまいますね。
そこで今回は歴代のコ名探偵コナンの映画をどこから見たらいいか、また映画興行収入がどれくらいだったかをランキング順に一挙ご紹介します。

名探偵コナンとは

最初に名探偵コナンのあらすじを簡単にご紹介致します。

高校生探偵の工藤新一(くどうしんいち)は幼馴染で同級生の毛利蘭(もうりらん)と遊園地に行った帰りに黒ずくめの二人組に薬を飲まされて体が小さくなってしまいました。
小学1年生の江戸川コナン(えどがわこなん)として蘭の家に住むことになった新一。
正体を隠したコナンは蘭の父親であるへっぽこ探偵の毛利小五郎(もうりこごろう)を秘密道具の麻酔銃と蝶ネクタイ型変声機で名探偵に仕立てます。
同じく高校生探偵の服部平次(はっとりへいじ)や怪盗キッドと出会い正体がばれたコナン。
時に対決し時に協力し合う仲になります。
そんなコナンの通うクラスにやって来た転校生の灰原哀(はいばらあい)。
彼女こそコナンが飲まされたAPTX4869を作った黒の組織の一員、シェリーだったのです。
同じく組織を狙うFBIの赤井秀一、公安の安室透(あむろとおる)こと降谷零(ふるやれい)も登場し、少しづつ組織の真相に近づくコナン。
黒の組織のボスが烏丸蓮耶(からすまれんや)であることが判明し、物語もちょっとずつクライマックスに近づいてきているようでまだまだ波乱の展開がありそうです。

スポンサードリンク


歴代の劇場版名探偵コナン、見るならこの順番で

コナンの映画を見たいけど何から見たらいいかわからない、という人のために部門別にランキング形式で作品を紹介していきます。

ストーリーに沿ってみたい人におすすめ!王道の3作

コナンの映画をストーリーに沿って見たい人にはこの3作を順番に見るのがおすすめです。

『時計じかけの摩天楼』(第1作目、1997年公開)
『天国までのカウントダウン』(第5作目、2001年公開)
『異次元の狙撃手(スナイパー)』(第18作目、2014年公開)

第1作目『時計じかけの摩天楼』でコナンのあらすじをつかみ、『天国までのカウントダウン』で黒の組織との戦いと灰原の葛藤を見守る。
そして組織との戦いの切り札になるであろう赤井の生存を確認できる『異次元の狙撃手(スナイパー)』という完璧な流れでコナンを手早く楽しめます。

人気作から隠れた名作まで、おすすめ作品

コナン映画の魅力満載の映画をみたいなら次の3作がおすすめです。

『ベイカー街(ストリート)の亡霊』(第6作目、2002年公開)
『絶海の探偵(プライベート・アイ)』(第17作目、2013年公開)
『ゼロの執行人』(第22作目、2018年公開)

探偵といえばやはりシャーロックホームズです。
コナンが憧れのロンドンを舞台に活躍する『ベイカー街(ストリート)の亡霊』。
泣かないと言われているコナンが唯一涙したと言われている、蘭の救出劇にはらはらする『絶海の探偵(プライベート・アイ)』。
そしてコナン史上最も話題となった『ゼロの執行人』であなたも安室の女(男)になることでしょう。

怪盗キッド登場回

コナンの宿敵、怪盗キッドが活躍する映画からコナンワールドを楽しみたい方はこちらの3作品から見るのがおすすめです。

『世紀末の魔術師』(第3作目、1999年公開)
『業火の向日葵』(第19作目、2015年公開)
『紺青の拳(フィスト)』(第24作目、2019年公開)

怪盗キッド初登場の『世紀末の魔術師』でキッドの華麗な姿に魅了され、『業火の向日葵』でキッドとコナンの協働作業に手に汗を握る。
そして『紺青の拳(フィスト)』でキッドが最大のピンチにおちいりにハラハラドキドキすること間違いなし。
またスピンオフになりますが『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(2013年公開)ではルパンの変装ですがタバコを吸いながら車を運転するというアダルトな怪盗キッドを見ることができます。

ラブコメミステリーを楽しみたい人におすすめの3本

ラブコメミステリーのコナンならではの熱々カップルを楽しみたい人におすすめなのがこちらの3本です。

『時計じかけの摩天楼』(第1作目、1997年公開)
『迷宮の十字路(クロスロード)』(第7作目、2003年公開)
『から紅の恋歌(ラブレター)』(第21作目、2017年公開)

『時計じかけの摩天楼』で爆弾の解体をすることとなった蘭。
最後に残った赤と青のコードのどちらを切ったらよいのかわからなくなった時にコナン(新一)は「死ぬときは一緒だ」と壁越しに蘭に伝えました。
赤い糸になぞらえてコードを残した蘭に胸キュンです。
そしてコナンのラブコメに欠かせないのが西の高校生探偵服部平次と幼馴染の遠山和葉(とおやまかずは)。
関西カップルが出てくる『迷宮の十字路(クロスロード)』と『から紅の恋歌(ラブレター)』はコナンのラブコメを語るのに欠かせません。

ミステリーを楽しみたい

名探偵コナンといえば推理物。
そこで、推理を楽しめる作品3作をご紹介致します。

『14番目の標的(ターゲット)』(第2作目、1998年公開)
『瞳の中の暗殺者』(第4作目、2000年公開)
『漆黒の追跡(チェイサー)』(第13作目、2009年公開)

初期の作品ながら本格ミステリーとして今も根強い人気がある『14番目の標的(ターゲット)』と『瞳の中の暗殺者』。
また、連続殺人に挑む『漆黒の追跡(チェイサー)』は黒ずくめの組織も登場し、最もコナンが追い詰められた劇場版と言われています。

2020年公開予定の「緋色の弾丸」に備えて

最後に2020年公開予定の「緋色の弾丸」をより楽しむために見たい3作をご紹介致します。

『異次元の狙撃手(スナイパー)』(第18作目、2014年公開)
『純黒の悪夢(ナイトメア)』(第20作目、2016年公開)
『ゼロの執行人』(第22作目、2018年公開)

死んだと思われていた赤井秀一の生存が確認された衝撃のラストが話題となった『異次元の狙撃手(スナイパー)』。
『純黒の悪夢(ナイトメア)』はついに安室透がスクリーンデビューし、赤井も初めて本格的に映画に登場した作品です。
そして『ゼロの執行人』では赤井と因縁のある安室が活躍するストーリーが展開されました。

それでは、名探偵コナンの映画を興行収入ランキング順に一挙にご紹介します。

スポンサードリンク


名探偵コナンの歴代映画の興行収入ランキング

こちらが名探偵コナンの歴代映画の興行収入ランキングです。(2020年1月現在)

23位 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼       11億円
記念すべき一作目は連続爆破事件でした。
新一との待ち合わせで爆破に巻き込まれてしまった蘭が爆弾を解体するシーンは1作目ながらコナン映画史上最も感動するシーンといってよいでしょう。
しかしながら1作目でまだ知名度が低かったためか、最下位となってしまいました。
キャッチフレーズは「真実はいつもひとつ」

22位 名探偵コナン 14番目の標的            18.5億円
1作目に続いて2作目が下から2番目という残念な結果に。
しかし、そのミステリーとしての完成度から今も人気があり、コナンの知名度を押し上げた映画と言ってもよいでしょう。

21位 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)  21.5億円
豪華船の上で起きる殺人事件に挑むミステリー。
興行収入は振るわなかったものの、コナンに眠らされず自分で真相にたどり着いた小五郎にかっこいいと言う称賛の声が集まった作品です。

20位 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) 24.2億円
今回のテーマは音楽。
サッカーボールを蹴り当てて受話器を落とし、発声によって110番に発信するという神業をやってのけた話題作です。

19位 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 25億円
自分のせいで佐藤刑事が重傷を負い、そのショック記憶喪失となった蘭。
犯人を目撃しているため、記憶が戻るのを恐れた犯人から命を狙われます。
蘭が記憶を取り戻すきっかけとなったセリフに注目です。

18位 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) 25.3億円
海賊、宝探しといういかにも少年漫画らしいキーワードが目立つこの作品。
ただ映画としての評価はいまいち。
そしてコナンの映画史上最もタイトルが読めない(棺でジョリー・ロジャーと読むことができない)と言われている作品です。

17位 名探偵コナン 世紀末の魔術師 26億円
大人気怪盗キッド、平次、和葉が初登場した作品です。
この頃サンデーで連載していたコナンの内容が蘭がコナンの正体を疑っている、というストーリーでした。
そのため映画の中でも蘭はコナンが新一かもしれないと疑いの目を向けます。

16位 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン) 28億円
2作続けて怪盗キッド作品がランクイン。
飛行機の上で起きた殺人事件に巻き込まれてパイロットが重体に。
飛行機を任されたのはなんと蘭とコナン!?
なにげなく新一に告っている蘭にも注目です。

15位 名探偵コナン 天国へのカウントダウン 29億円
黒ずくめの組織初登場の映画です。
ビルからの脱出時に難しい物理の式が出てきて意味が分からない人が続出したであろう作品。
脱出の際に歩(あゆみ)がなぜ正確に10秒数えられたかという理由に注目です。

14位 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) 30.3億円
蘭や和葉を人質にとられたコナン、小五郎、平次。
大切な人を守るために命がけの推理が始まります。

13位 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) 31.5億円
東京のトンネルで起きた爆破事件から舞台は新潟へ。
15分が意味するものは何なのか・・・。
喧嘩した元太と光彦に「言葉は刃物だ」と諭すコナン。
友情とは何か考えさせられる作品です。

11位 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード) 32億円
古都京都を舞台に起きるミステリー。
平次の初恋が描かれている、恋愛要素も強い作品です。
また工藤新一が唯一登場する作品でもあります。

11位 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ) 32億円
コナンや蘭を乗せた飛行船がハイジャックされます。
何と飛行船から外へ投げ落とされたコナン。
どうなるコナン!?
本作は小五郎の声優が交代した最初の映画でもあります。

10位 名探偵コナン 11人目のストライカー 32.9億円
コナンといえばサッカー。
小五郎のもとに爆破予告が届き、犯人の狙いは小五郎とJリーグにある様子。
果たして犯人の目的は!?
サッカー選手やキャスターなど本人役で登場するゲストの多い作品です。

9位 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊 34億円
舞台はゲームの中のロンドン。
仮想世界で遊ぶゲームの体験中にAIによってゲームを支配されてしまったコナン達。
助かるにはゲームをクリアするしかありません。
果たしてコナン達は無事に現実性に戻れるのか!?

8位 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)    35億円
連続殺人の現場に残された麻雀牌。
さらにコナンは組織のメンバーに正体がばれて狙われることに。
事件の犯人は誰か、そしてコナンは無事に組織から逃げ切れるのか!?

7位 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ) 35.7億円
海上自衛隊のイージス艦の体験航海中に遺体の一部が発見されるというストーリー。
さらに船に乗り込んだスパイによって蘭が命の危機に陥ります。
蘭救出のシーンは見ごたえありですが、推理ものとしては少し物足りない作品。
また殺人事件ではなくスパイの共犯者が自分で海に落ちて死んだ事故であり、犯人の罪はせいぜい過失致死と公務執行妨害ぐらいでしょう。

6位 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)   41.1億円
ベルツリータワーから始まった連続狙撃事件。
犯人と対峙し絶対絶命の危機に陥ったコナンを救った大学院生の沖矢昴(おきやすばる)。
彼の正体は死んだと思われていた赤井秀一だったのでした。
一言だけ発せられた赤井の「了解」にしびれたファンが多い1作です。

5位 名探偵コナン 業火の向日葵             44.8億円
ゴッホの名画、向日葵を巡って怪盗キッドが大活躍。
宝石ばかりを狙っているかと思いきや向日葵に熱い思いを寄せるキッド。
相変わらず新一そっくりで蘭にさえ間違えられてしまうキッドなのでした。

4位 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)   63.3億円
コナン達が出会った不思議な女性。
実は黒ずくめの組織のメンバー、キュラソーだったのです。
安室の初登場作品で、映画の冒頭から派手なカーチェイスが繰り広げられました。

3位 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 68.8億円
服部平次を巡る女の戦いとその裏で起きる殺人事件を描いた作品。
ストーリーはもちろん、倉木麻衣さんが歌う主題歌も映画とマッチしていて素敵な作品でした。

2位 名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)    91.8億円
前作から一気に興行収入が上がった名探偵コナン。
コナンのキャラクターでも1、2の人気を争う安室がメインキャラとして映画を盛り上げてくれたおかげです。
特にコナンに彼女いるのと聞かれて「僕の恋人はこの国さ」と言った安室のカッコよさは日本のアニメ史上に残る名シーンではないでしょうか?

1位 名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)       93.7億円
コナン初の海外が舞台の作品。
戸籍がなく海外に行けないはずのコナンがキッドに連れていかれたシンガポールで連続殺人事件に挑みます。
蘭の親友鈴木園子(すずきそのこ)と彼氏の京極真(きょうごくまこと)のラブにも注目です。

スポンサードリンク


劇場版名探偵コナンを見るのにおすすめの順番と興行収入ランキングを一挙ご紹介!

初期は名作が多いものの、知名度がまだ低かったためか今よりも大分興行収入が低くなっていますね。
ここ数年毎年自己ベストを更新し続けている劇場版名探偵コナンの興行収入。
特に2018年からは100億に迫る勢いです。
まだまだ黒ずくめの組織との戦いが続くコナンですが、映画の興行収入からも目が離せませんね。

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました