コナン映画(2020年)緋色の弾丸のゲスト声優と石岡エリーのキャラクター予想は?あらすじと見どころは?

コナン映画緋色の弾丸声優アニメ

スポンサードリンク



名探偵コナンの2020年公開映画「緋色の弾丸」のゲスト声優として浜辺美波(はまべみなみ)さんが出演し、石岡エリー役を演じることが発表されました。

浜辺美波さんがどんな女性で石岡エリーとはどんなキャラクターなのか気になりますね。

そこで浜辺美波さんや石岡エリー、そして映画のあらすじと見どころを予想を交えながらご紹介していきます。

これでばっちり!?コナン映画2020「緋色の弾丸」の予習と復習

さっそく浜辺美波さんや石岡エリーについてご紹介したいところですが、その前にコナンや「緋色の弾丸」を知らない人のために簡単にご紹介していきます。

「名探偵コナン」とはどんな映画?

高校2年生の工藤新一(くどうしんいち)は謎の黒ずくめの男たちに薬を飲まされて体が小学1年生になってしまいました。
頭脳は高校生探偵のままの新一は江戸川コナン(えどがわこなん)と名乗り、幼馴染で父親がヘボ探偵の毛利蘭(もうりらん)の家で暮らすことに。

コナンのアシストによって名探偵となっていく蘭の父、毛利小五郎(もうりこごろう)。名探偵眠りの小五郎として今やすっかり有名人となりました。そして行く先々で事件に巻き込まれるコナンは、FBIの赤井秀一(あかいしゅういち)らと共にコナンを小さくした黒ずくめの男の組織を追います。

コナンが飲まされた薬、APTX(アポトキシン)4869。
コナンの他にAPTX4869を飲まされ生きている人物として作中に登場しているのは、コナンの同級生で薬を作った張本人でもある灰原哀(はいばらあい)のみです。

ところが最近、薬を飲んで幼児化したことがほぼ確実な人物がもうひとり登場しました。

それが赤井の母であるメアリー世良(めありーせら)です。
幼児化したメアリーを元の体に戻すためにコナンと灰原の周囲を嗅ぎまわっている赤井の妹、世良真純(せらますみ)。
メアリーが本当にAPTX4869を飲んでいるのか、飲んでいる場合はどういう状況だったのか、そもそもメアリーの正体は…とまだまだ気になることがいっぱいの赤井ファミリー。

コナン映画2020「緋色の弾丸」のキャッチフレーズは「一家(ファミリー)、集結―」となっています。

そのため赤井の弟である羽田秀吉(はねだしゅうきち)となぜかその彼女宮本由美(みやもとゆみ)も登場し、赤井ファミリーの謎に迫る作品となっているようです。

コナン映画2020「緋色の弾丸」とは?

2020年4月17日公開予定の「緋色の弾丸」。

今作の舞台は世界最大級を誇るスポーツの祭典「ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)」の開催を控えた東京です。
2020年といえば東京オリンピックが開催されます。

どうやら今回は現実世界のイベントとリンクさせた作品になっているようですね。
WSGの開会式に併せて「真空超電導リニア」の開発が発表されます。

しかし、世界中が日本に注目しているという時にスポンサー企業を狙った拉致・誘拐事件が発生します。
その事件にはどうやら赤井秀一とその仲間達FBIが関わっているようです。
この事件の裏に15年前にリスボンで起きたWSG連続拉致事件があり、その時にもFBIが絡んでいたことをコナンは突き止めます。

果たしてコナンは拉致・誘拐されたスポンサーたちを無事救出し、事件を解決できるのか!?というお話です。

世界規模のイベントがテーマという事で世界中で活躍する諜報機関や調査機関が登場する可能性があります。
メアリーはイギリスの調査機関、SISのメンバーというのがほぼ確定しているので、もしかしたらSISのメンバーが登場する、またはメアリーが所属していた頃の話をコナンが聞くシーンがあると言った展開が考えられます。

スポンサードリンク


石岡エリーとは?コナン映画2020「緋色の弾丸」に人気女優浜辺美波が出演

コナンや2020年公開の「緋色の弾丸」について分かったところでいよいよ石岡エリーと声を演じる浜辺美波さんのご紹介です。

2020年2月に浜辺美波さんが2020年公開の「緋色の弾丸」に出演することが発表されました。

「人間の役をいただけて光栄すぎて緊張」

出典:映画.com

石岡エリーは「真空超電導リニア」の客席担当です。
コナン映画のtwitterでは浜辺美波さんのメッセージを聞くこともできます。

浜辺美波さんによると石岡エリーは明るく元気なキャラクターのようです。

自称リニアスタッフのアイドルという彼女はちょっといたずらっ子のような笑顔がかわいらしい反面、ちょっとあきれた目つきの悪い表情が京都府警の綾小路(あやのこうじ)警部に似ているような気もします。
ドジっ子も入っている彼女は事件とどのような関わりを持っているのでしょうね。
 
 
そして石岡エリーの声を演じる浜辺美波さん。
浜辺美波さんは2000年(平成12年)8月29日生まれの19歳(2020年2月現在)。
石川県出身で、浜辺美波という本名で活動されています。
このみなみ、という名前は名探偵コナンと同じく少年サンデーで連載されていた大人気漫画、「タッチ」のヒロイン浅倉南が由来だそうです。
もともとは歯科医希望であったと言うちょっと意外な一面も。
2011年に東宝シンデレラオーディションで入賞し、芸能界デビューしました。
 
数話ですがNHKの連続テレビ小説「まれ」にも出演しています。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(2015)で 本間芽衣子(めんま)を演じ映画「君の膵臓をたべたい」(2017)で主演の山内桜良を演じました
他にも「センセイ君主」(2018)で佐丸あゆは、「アルキメデスの大戦」(2019)で尾崎鏡子とヒロインを演じています。
声優としては「ONE PIECE 〜ハートオブゴールド〜」(2016)でミスキナ・オルガを、「HELLO WORLD」(2019)で一行瑠璃を演じています。

スポンサードリンク


ストーリーだけじゃない!!「緋色の弾丸」は興行収入にも注目

最近のコナン映画で注目したいのが、伸び続ける興行収益です。
2017年の「から紅の恋歌(ラブレター)」が 68.8億円だったのに対し翌2018年の「ゼロの執行人(しっこうにん)」では91.8億円と興行収入が大きく伸びました。

その翌年の2019年「紺青の拳(フィスト)」は93.7億円を記録し、2020年の「緋色の弾丸」は大人気キャラの赤井秀一が出るという事で初の100億越えがついに起きるかもしれません。
 
 
名探偵コナンの興行収入や過去の作品についてはこちらで確認してくださいね。

スポンサードリンク


コナン映画2020緋色の弾丸のゲスト声優と石岡エリーのキャラクター予想まとめ

公開前から話題となっているコナン映画2020「緋色の弾丸」のゲスト声優、浜辺美波さん。

着々と女優や声優としてのキャリアを積んでいる浜辺美波さんが、ちょっとぶりっ子な石岡エリーというキャラクターをどんなふうに演じるのか今から楽しみですね。

「緋色の弾丸」は赤井秀一の家族がメインという事で黒の組織と近づく、またはメアリーが本当にAPTX4869を飲んでいるのかが判明するといったコナンのメインストーリーに関係する物語となっている可能性があります。
ぜひ、劇場ならではの大迫力でみたいですね。

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました