カードローンの借金返済ができなくなった場合には

カードローン会社に連絡を入れた方がいいの?

この前の項目では、あなたが今カードローンや消費者金融会社からいくら借金をしているのか、ということを洗い出す方法を説明しました。そして、それを元にどうすれば借金返済ができるのか、ということに関して返済シュミレーションを利用する方法を説明しました。つまり、借金返済を含むどんな問題であっても、現状を知ることはとても大切です。実は現状を知ると、大きな問題、解決できない内容、と思っていたことがそうではなかった、ということも実はあるからです。実は借金返済は大変だと思っていても、よく調べてみたら何とかなりそう、ということも実はあるからなんです。しかし、実際にはそのようなことはならない人もいるのは確かです。そこで、ここではカードローンや消費者金融会社から借金した残額が返済できなくなってしまった場合を中心に説明します。そこで最初は、借金返済ができなくなった時点でカードローンや消費者金融会社に連絡は入れた方がいいのでしょうか?

 

この答えは、今スグにするということをオススメします。そして、よりベストな選択は返済日が来る前に、これは返済できないかも、と思った時点で早目にカードローンや消費者金融会社に連絡を入れる方法です。つまり、悪い事実ほど早めに話す、相談するという方法です。その連絡をするとどうなるのでしょうか?相手も人ですから、どうすればいいか解決策や今後の返済計画に関して、相談に乗ってもらえるはずです。それでベストな解決策や返済方法を、アドバイスしてもらえる可能性が高くなります。

カードローンの追加借り入れはできるの?

借金に関して、あなたは今後もしていきたいと思っているでしょうか?もちろん、この答えは借金なんかしたくない、今この瞬間にその事実を消したい、と思っている方も多いはずです。確かに借金はあるのとないのでは、気分的にも大きく変わりますからね。それは、ない方がいいに決まっています。しかし、心ではそう思っていても、実際はどうでしょうか?もし、借金はしてはいけない、という思いがありましたら、借金はしていないはずですよね。でも実際の行動は借金をしてしまっている、という現状になっているわけです。しかも借金していときには、そのような考えというのがどこかに飛んでしまうものです。人というのは一時的な快楽を求めてしまう習性があり、どうしても先のことは見えにくくなるのです。そして、その快楽を求めた結果の痛みが、ズシリと感じているかもしれませんよね。では、借金返済ができなくなってしまった場合、カードローンや消費者金融会社から追加での借金をすることはできるのでしょうか?

 

これに関しては、追加の借金はできない、と思った方がいいでしょう。いや、もう少し厳密に書けば、追加で借金をしてはいけません。なぜなら、その借金返済ができない状態で追加で借り入れをした場合、その分を返済することはできるでしょうか?もし、できるのであれば、そもそも借金が膨らむようなことはなかったはずです。また、滞納や延納をすれば、今借金をしているところ、また別のところからも借り入れは不可になります。

クレジットカードにも影響はあるの?

お金というのは、私たちにとってどのようなものになるのでしょうか?これは、生活をするためにお金が必要になります。または、自分が欲しいものを購入するときにも、お金が必要になります。つまり、大きく分けますと、必要になるものと欲しいものにお金を使うことになります。しかし、そのお金というのは手元にあるうちはいいのですが、それがなくなってしまいますといろいろと不都合なことが起きてきます。それは、必要なものや欲しいものを購入することができなくなる、ということです。今までそれらのことを補うために、あなたはカードローンや消費者金融会社から借金をしていたと思います。しかし、その借金を返済できなくなると、途端にいろいろと不都合が出てくるのです。1度そのようなことになってしまうと、お金のメリットを受けることができなくなってしまうのです。つまり、お金を貸してもらえなくなるのです。では、それと同じように買い物などを便利に使えるクレジットカードには影響があるのでしょうか?

 

これはもちろんあります。そのように借金の返済ができなくなる、ということはクレジットカードにおいても滞納している可能性があります。そうなりますと、一括返済を求められます。あわせて、新規でクレジットカードを作成しようとしても、作成することができない、つまり審査そのものが通らない、ということになるのです。そうならないように、計画的にカードローンややクレジットカードを利用しないと、いけないのです。

住宅ローンにも影響はあるの?

あなたがカードローンや消費者金融会社などからお金を借りようとしていたら、最初にどのようなことをしていたでしょうか?きっと最初にカードローンの申し込みをされたと思います。そして、申し込みをして審査を通し、その結果カードローンができるようになったのではないでしょうか?それと同様にクレジットカードを持っていましたら、同じような手続きをしたと思います。そして、そもそもなぜカードローンやクレジットカードを利用することができるのでしょうか?その利用できる大きな理由が、その人は信用できるから貸しても大丈夫だろう、ということです。しかし、それを1度でも崩してしまいますと、リカバリーするのがとても大変になります。まずは、カードローンやクレジットカードの利用停止そして一括返済を求められてしまいます。そして、その借金返済ができない期間が続くと、信用問題に発展してしまうのです。では、あなたがマイホームを建てるために住宅ローンを考えていましたら、それにも影響は出るのでしょうか?

 

もちろん、大きく影響します。なぜなら、住宅ローンは多額の融資をするわけですから、お金を貸す側も慎重に慎重を重ねて審査をするからです。そこで滞納があると、借金の総額が大きいと、その時点でアウトになってしまうのです。つまり、自由を得るためにあるお金が逆に苦しめられることになってしまう、というわけです。そうなった以上は、借金返済をするしか信用を高める方法はないのです。